月日が経って剥がれてきた家の外壁は専門業者に塗装を頼もう

  1. ホーム
  2. 塗装と張り替えが基本

塗装と張り替えが基本

作業員

欠かせないメンテナンス

外壁のリフォームは主に、2つの種類があります。塗装を施すというものと、外壁自体を新しいものに張り替えるという2種類です。外壁は紫外線や雨、風、雪や湿気などによるダメージを常に受けています。特に紫外線のダメージは大きく、メンテナンスをしなかった場合、ひび割れを起こす事があるので注意が必要です。外壁のひび割れは雨洩りを引き起こし、土台や柱を腐らせてしまいます。リフォームを行う事で外観を新築同様に新しく出来るだけでなく、外壁の機能性を高めたり、耐候性や耐久性をアップ出来ます。例えば、外壁リフォームを行う場合、遮熱・断熱性のある壁材や塗料を選べば、暖房・冷房費の節約に繋がるのでおすすめです。塗装や張り替えの施工は決して安いものではなく、塗装の場合は数十万円、壁自体を張り替えた場合は100万円以上の費用がかかります。ですが、遮熱・断熱性の高いものを使う事によって、のちのちの暖房・冷房費といったコストを下げる事が出来るので、決してお得ではないと言えません。もちろん、リフォームを行う事で家自体の寿命を伸ばせます。また、外壁のリフォームを業者に依頼する際は、一緒に屋根のリフォームも検討してみましょう。外壁のリフォーム時には、足場を組む必要があります。屋根も当然、足場を組まなければ施工出来ません。外壁と屋根を同時にリフォームすれば、1回分の足場代で済むのです。足場代節約のためにも、外壁・屋根は一緒にリフォームした方がお得と言えます。