月日が経って剥がれてきた家の外壁は専門業者に塗装を頼もう

作業員

塗装と張り替えが基本

外壁のリフォームは、塗装と張り替えという2種類が基本です。施工を行う事で見た目を新しく出来るだけでなく、外壁の機能性などを高める事も出来ます。また、外壁のリフォームと同時に屋根のリフォームも業者に依頼すれば、1回分の足場代だけで済むので節約に繋がります。

一軒家

施工の目安を確認

沖縄の家をメンテナンスする場合、外壁塗装がおすすめです。外壁塗装を行う事でクラックも修繕出来ます。費用は塗料の種類によって、変わるのが基本です。主流のシリコン系塗料は1缶あたり1万5000円から4万円程度が相場です。植木や盆栽があるお宅は、施工前に撤去する準備を行いましょう。

ペンキ

事前準備が大切

外壁塗装を行う際に事前に準備しておくことはいくつかあります。まずは家の周辺の物を移動させておきましょう。移動できない物は、埼玉の業者なら、養生シートを被せるといった対応をしてくれます。近隣に挨拶を済ませておくことも大切です。

経年劣化の恐怖

塗装

美しさ以外の要素も

住宅を建築する際に多くの人は建物内部に重点を置いて計画します。それほど住む人にとっては間取りや設備といった建物内部の空間は重要なポイントです。内部の空間で生活し毎日目にするから当然のことです。一方で通りすがりの人や近所の人などは内部を目にする機会よりも外部を目にする機会のほうが圧倒的に多いのです。その家を訪ねたお客様でさえ住宅で一番最初に目にするのは外部、つまり外壁です。外壁の印象がその家の印象を左右するといっても過言ではありません。外壁は一気に劣化が進むものではなく何年あるいは何十年の歳月を経て徐々に劣化しています。私たちが目にする色褪せなどの劣化は表面だけですが、こうした劣化を放置することで内部へも影響してきます。外壁塗装は見た目を美しく見せるだけでなく、表面にコーティングをすることで内部への雨水の侵入を防いだり太陽光による劣化を食い止めるなどの効果があります。外壁塗装は使用する塗料によりその費用が大きく異なります。高いものが必ずしも良いものとは限りませんが、値が張るものにはそれなりの理由があるものも多いのです。もちろん色持ちがよいなど見た目を美しく見せる上でも重要なポイントもあります。一方で性能に影響する違いもあります。外壁塗装では使用する材料以上に職人の腕によって仕上がりに大きな差が出ます。塗り重ねの回数や均一に塗ることでより重厚感のある仕上がりになります。しかし未熟な職人が施工すると塗りムラができます。こうしたムラは施工直後にはあまり目立ちませんが、年月が経過するとともに目立つのです。外壁塗装の実績のある会社で、できれば自宅を施工してくれる職人が作業した過去の住宅を見て判断することでより美しい外壁塗装が可能になります。